複雑な手続きは業者に依頼してお墓の移動をスッキリ簡単にする

運送業者が利用者に送る様々なサービス

都心に近づける

都市周辺部への定住が決まれば、近くへのお墓の引越しを検討する。

皆さんは、引っ越しなどの経験がありますでしょうか。今回は引っ越しのなかでも、お墓の引越しについて紹介したいと思います。例えば転勤などの、都合で実家周辺へ戻る回数が減った方はいませんでしょうか。また都市周辺部に、定住して、郷里に戻ることがなくなった等の理由の方もそうです。どうしてもお墓引越し、をしないという方もおられる筈でしょう。そういう方は、兄弟や親せきがまだお墓参りの便のある方なのでしょう。また霊園や墓石業者の、サービスでお墓の管理運営があるのでしたら、任せておいても大丈夫でしょう。そうなると、お墓の引越しは一つの、供養の方法であるのです。しかしながら、一朝一夕に、お遺骨などの取り出しはできません。これは専門事業者の、認定者へ依頼することになるます。

先祖の供養である墓石に関する相談は、専門事業者へ

これらの専門事業者のなかにも、いろいろなサービスの、専門認定者がいます。いまの墓石事業者は、厚生労働省の認可資格を、保有しています。その専門の認定者なら、お墓の相談や、供養のし方について相談できるでしょう。先ほども述べたように、住いの諸事情で、お墓の引越しが必要な場合があります。そのサービスの一貫として、霊園が管理運営をする場合もあります。こういう場合は、複雑な手続きが必要になってきます。まず事前に家族親族へ、本当にお墓の引越しが必要なのか相談の打診をしましょう。それから霊園や、専門事業者を通して、お遺骨などの引っ越しの段取りに移ります。また場合によっては、お遺骨の引越しだけでないことも多いでしょう。お墓全体の引越しや、供養石碑の用意があるのなら、全国石材会などへの相談をしてみましょう。