複雑な手続きは業者に依頼してお墓の移動をスッキリ簡単にする

運送業者が利用者に送る様々なサービス

日本人ならではの儀式

日本人にとっての斎場とは

昔はお葬式などは自分の家や近所の公民館などの施設で行われることもあったが、最近では斎場で行われるのが一般的です。このような葬式に特化した施設で行うことにより、必要なものが全て揃っているので準備もとてもスムーズなのです。実際家族が亡くなると実際悲しみよりも、しなければならない事も多く大変です。お葬式は突然訪れるので準備も事前に出来る訳もなく戸惑う為、葬祭会社に任せるのが一般的です。 葬祭会社は斎場と契約していたり、そこが運営している斎場も多いので、いざという時に任せられる葬祭会社だけは決めておいた方がよいでしょう。 今ではとても充実した設備がある斎場。とても綺麗で控室もゆったりとしていて、送りだす家族も安心して集中して式に臨めます。

斎場について

斎場とは、通夜や告別式などの葬儀を行う場所です。葬儀は急に必要になる場合も多いため、24時間体制で連絡を受け付けている施設がめずらしくありません。寺や病院から斎場を紹介してもらう場合もありますが、地域にある斎場に個人的に問い合わせをしてもまったく問題なく利用できます。 斎場の利用者の多くは葬儀の主催者になることに不慣れで、また急な不幸の場合は精神的にも落ち着いていられないこともあります。そんなときでも、斎場のスタッフと話し合って葬儀の基本的なプランが決定すれば着実に準備を進めてくれます。 斎場によっては、平常時に見学会を開催しているところもあります。施設を直接見学したり、葬儀の場で出される軽食の試食などができます。高齢の親族がいるなら、そのような機会に斎場の下見をするのもおすすめです。